米肌 口コミ

MENU

クレンジングの使い分けをした方が良い理由とは?

 

目を強調することのできるメイクに
マスカラを使わないことはないですよね。
マスカラはメイク落としとっても頑固ですよね。

 

メイクをするにあたり、きってもきれないのがクレンジングです。
このクレンジングはタイプ別にどの様な特徴があるのでしょうか?

 

タイプ別に調べてみました。

 

 

オイルクレンジングの場合

 

オイルクレンジングの使う頻度がは高いいま、ウォータープルーフのマスカラだって簡単にと落とせてしまいます。

 

その簡単さが、忙しく働く女性たちに支持されているのも凄くわかります。

 

しかし、オイルクレンジングがメイクに素早くなじむ特性は、肌のバリア機能のセラミドなどの細胞間脂質に、なじんでしまう恐れがあります。

 

ですから、オイルクレンジングでメイクがなじんだと感じたら、すぐに、すすぐべきなんです。

 

オイルクレンジングを使用時、さっぱりとはすすげず、ぬめりが残ってしまう時もあるんですね。

 

ぬめりを避けるために、顔に水をつけて白濁するまで乳化させてからすすぐと、汚れ落ちも手早く落とせます。

 

それともうひとつ、細胞間脂質となじまないように、気をつけてつくられているされている、オイルクレンジングも存在しますので、お店の人に確認してみるのがいいです。

 

 

ミルクやクリームやジェル状のクレンジングの場合は

 

ミルクやクリームやジェル状のクレンジンは、水の中にオイルが浮いている状態になります。

 

最初に肌に触れるのが水分ですので、肌への負担は少ないといえるでしょう。

 

また、オイルクレンジングに比べて油も少ないですし、肌が乾燥することもあまりないんですね。

 

でも、デメリットとして、メイクになじむまでに時間がかかってしまう。

 

そこは、ゆっくり優しくマッサージを兼ねる感覚でクレンジングするのが良いでしょう。

 

クレンジングでメイクを落としているうちに、指がフッと軽くなる感じになってら、すすぎどきです。

 

 

まとめ

 

クリームタイプやミルクタイプは乾燥肌の方向きですね。

 

油分の少ないスッキリタイプのジェルクレンジングは、ニキビに悩んでいる人が使用するのが良いですよ。


洗顔商品は洗うだけじゃもったいない!

 

 

洗顔料に入っている美容成分って必要?

 

これは、角質層の上層部までは入っていくけれど、表皮の奥やまして真皮にまでは入っていかないというのが常識だったんです。

 

なぜなら、洗顔料の美容成分が入っていくのであらば、洗浄成分も入ってしまうんでは?という考えからでした。

 

これって洗顔料だけではなくって化粧品の美容成分でもいわれ続けてきたんですね。

 

イオン導入でもしない限り、角質層のバリア機能を超えて、浸透させることはできないんじゃない?

 

ところでイオン導入って何かって?

 

ビタミンCとかアミノ酸など水溶性の有効成分をーイオン化にして皮膚のバリア機能を通り越して浸透させることなんです。

 

だけど、角質層はバリア機能があるのに、必要なものは取り入れて、不要なものは入れないという特性があること。

 

顔料の美容成分は、ナノ単位でなくても分子が小さくて濃度が高ければは肌の奥まで入ります。

 

でも洗浄成分は入れません。
また、角質層は一方通行性があるのも特徴です。

 

手を水に長い間ひたしていると指はふやけるけど、体内の水分は出て行きません。

 

また、肌の上の水分量が多いほど吸収がよくなるので、洗顔時は美容成分がいちばん入りやすいんです。

 

さらに、肌の奥にまで到達するのは、洗顔料に限らず、分子が小さく濃度が高ければ、肌に塗る他の化粧品でも同じです。

 

洗顔は、汚れを落とす成分だけのものを選ぶよりも、プラスアルファで肌に良い美容成分で肌にいい感じに良さそうな物を選ぶと良いですよ。


泡立てることだけの洗顔が良いとは限らないってほんと?

 

毛穴目立ち、鼻の角栓、黒ずみに本当に効く洗顔などはないかと探していました。

 

良い洗顔を探し当てても洗顔がお肌に与える知識をチョットだけでも持っていた方が断然いいですよね。

 

油容性のメイクの汚れは、これはクレンジングで落とすけれど、水溶性の素肌の汚れは洗顔料でなければ落とせないはず。

 

だけど、ダブル洗顔をすること自体は最近のクレンジング剤の進化によって便利に変わってきました。

 

水ですっきり洗い流せるクレンジング剤には、洗顔料と同様に素肌の汚れも落とすように働きかけるものが最近多くなっています。

 

それでは自分の使っているクレンジング剤が、素肌の汚れまで落としてくれているかを確かめるにはどうしたら良いのでしょう?

 

それは洗顔料の泡立ちが教えてくれるんですね。

 

洗顔時に泡がすぐに消えるか消えないからなんです。

 

泡が消えると言う事は汚れを包み込んでいる状態。

 

いつまでも泡が消えないのならそれは肌に汚れが残っていない証拠。

 

だから汚れがない時にゴシゴシしてしまうと、洗顔料の界面活性剤は肌のバリア機能である細胞角質層を落としてしまうことがあるんです。

 

これが洗いすぎによる乾燥を引き起こす原因だったんですね。

 

ここで注意。

 

水ですっきり洗い流せるクレンジング剤を使っている方は、洗顔料はなるべく少なく水をたっぷり使って薄め、短時間で洗うように心がけることです。

 

よく常識といわれていた、泡をたっぷり泡立てることに夢中になったり、いつまでも消えない泡が良い洗顔料と思っていたことが肌に良くない行為だった。

 

実は泡は消えてこそ汚れを落としてなくなるものなんです。

 

これからは、過剰な洗顔はしないように注意したいですよね。


スキンケア化粧品を成分で選ぶ

 

エイジングケアをしたいのか、美白ケアをしたいのか、毛穴ケアをしたいのか、それぞれの目的に合わせた有効成分を調べたうえでスキンケア商品を選ぶようにしましょう。

 

新しい化粧品を試したら化粧品を試したときの肌状態をチェックしておくことも大切です。

 

成分をチェックし、その成分にはどんな効果があるのかを調べておく習慣をつけてみることにより、どんどんコスメ経験値が上がってきます。

 

その結果

 

自分の肌に合わない化粧品を買ってしまい失敗することも少なくなる。

 

新しい化粧品を探すときにも早く見つけることができる。

 

長いお付き合いでも飽きない化粧品をみつけることができる。

 

化粧品は毎日使用するものなので、使い心地が大切です。

 

たとえばスキンケア商品に香りがある場合は、肌への効果と関係があまりありませんが
自分の好きな香りだと、とても心地よく、スキンケア時にちょっとした幸せを感じることができます。

 

浸透性を感じるスキンケア商品は肌との相性もよく、使っていて気持ちいいですよね。

 

こうした浸透力を感じることも、長く使用していくうえで大切なことです。

 

どの様な成分が自分によい影響を与えてくれるのか気にして試していくのもいいですよ。


肌ケアでなんとなくやってしまっているいけない行為とは?

顔の中でもTゾーンが油っぽいのは誰でも知っている事ですよね。

 

だからベタついたりニキビができやすいと言われがちです。

 

だけど、それは肌質以外に悪い行為をしているのが私たちの洗顔の仕方がTゾーンをベタつかさせていること。

 

試しに両手のひらを顔に当ててみます。
すると、ほとんどの人が目元と頬のゾーンを覆います。

 

洗顔時もこのように手がフィットする部分から洗い始めています。

 

よくやっているのは最初に洗ったところを 最後にもう一度洗う行為。

 

だからTゾーンを洗うことを忘れがちなんですね。

 

Tゾーンが洗えてません。

 

洗顔時には意識的にTゾーンから洗い始めるようにすれば油ぽさも解消します。

 

 

 

そして角質ケアをまめにやってしまう行為。

 

不要な角質を落とすことで、表皮と真皮の間にある基底層に信号を送って新しい細胞が生まれてきます。

 

新陳代謝によりその細胞は、どんどん変わっていき最終的に角質層へ行くんです。

 

だから新陳代謝が悪くなっていて、古い角質がいつまでも残っていると新しい細胞は生まれないんです。

 

それにより皮膚細胞全体の平均年齢が上がってしまうことになるんですね。

 

角質ケアでは、スクラブやピーリング等のコスメでツルツルになる快感があります。

 

実はそれをデイリーケアに組み込んでしまい、肌のバリア機能を失う人も多いんです。

 

自身でする角質ケアしたら1ヵ月に1回で充分なんです。

 

なぜ角質があるのか?

 

それは、紫外線頭の外的刺激から肌を守るため。

 

ですから夏に角質が厚くなるのも肌の紫外線からの防御反応です。

 

洗顔だけでも自然に離れるべき角質は落とせるのだから角質ケアは月1程度に しておきましょう。

 

 

 

あと、これもダメ。

 

同じ皮膚なんだからボディーソープで顔笑ってもいいんじゃない?
って思うけど洗顔料に比べて脱脂力が強いものが多いのが現状。

 

ですので、やめた方が良いです。

 

だけども、体より顔の方が皮脂腺も多く汚れやすいので、多少はさっぱりしたもので洗ってもいいかな?って思ってしまいがち。

 

でも常に服を着ている体に比べて常に外気にさらされている顔は適度な皮脂と言うガードがなければいけない。

 

また 商品として質も洗顔上よりボディーソープの方が低い場合が多いんです。

 

だからやはり顔は洗顔料で洗いましょう。